スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カフェ・エクリvol.59「詩の森の散歩道」は3月11日午後4時から 姫路・段カフェで

Vol.59 カフェ・エクリ
於:姫路。段カフェ
2013.3.11 午後4時から

テーマ 「マテリアルの笑い」
                               話者:高谷和幸

今回は形而上詩人のジョン・ダン(1572-1631)の詩から題材をとりながら、詩の中のマテリアルな部分に焦点を当ててみたいと思います。
「形而上詩人」はサミュエル・ジョンソンが17世紀のイギリス抒情詩人を称した言葉です。エリオットはそれを批評しつつ「形而上詩人」という文芸批評を書いています。
「もっとも性質の異なった観念でも暴力によってつながっている」(サミュエル・ジョンソン)
「詩人の精神というものは創作の用意がすっかりととのっている場合には、いつでも別々の離れた経験を合わせて一つにするが、ふつうの人間の経験はごたごたでしまりがなくてばらばらである。ふつうの人が恋をしたりスピノザを読んだりする場合、この二つの経験はたがいに何のかかわりもないし、またタイプライターの音や料理のにおいとも関係がない。だが詩人の精神の中ではこういう経験がいつも新しい全体を形成しているのだ。」(エリオット)

時代:エリザベス朝
文芸:劇作家の用いた技法
番外:ニュー・クリティシズムのP・パーカーが愛した詩人。
   コーネル(美術家)の愛した詩人。
マテリアル:大真面目で、笑わそうとしない笑い。


「蚤」

この蚤を見てごらん、そうすれば分かるはず、
君が拒んでいるものが、その中では何と小さいか。
蚤は先ず僕の血を吸い、今度は君の血を吸う。
この蚤の中では、我々二人の血が混ざりあうのだ。
君はよく知っているはず、とてもこんな事が、
罪や、恥や、貞操の喪失などと、言えないことを。
 でも、蚤は求愛もせずに、楽しんでいるのだ。
 二人の血を一つにして、丸々と膨れ上がっている。
 ああ、そうしたくとも、我々にはその勇気がない。

待って。一匹の蚤で三つの生命を助けておくれ。
ここで我々は結婚した。いや、それ以上と言える。
この蚤は、君でもあり、僕でもある。それは
我々の新床(にいどこ)でもあり、また、婚礼の御社(おやしろ)でもある。
両親は反対し、君も嫌がるが、我々は結ばれ、
この生きた回廊の黒玉の壁に、かくまわれている。
 でも、習わしに従って、君は僕を殺すだろう。
 だが、それに加えて、自分までも殺すことはない。
 三人殺せば、三つの罪で神を冒瀆(ぼうとく)することになる。

残酷な慌て者よ、僕が止めたのに、君はもう、
罪のない者の血で、爪を赤く染めてしまったのか。
一体、この蚤がどんな罪を犯したと言うのか。
君から一滴の血を吸い取った、それだけのことだ。
だが、君は大威張り、蚤は死んでも、一向に、
君も僕も、弱くなってはいないと、言い張るのだ。
 その通り。だが、それなら恐れることはない。
 たとえ、君が僕に身を任せても、蚤の死が君から
 奪った命はどこにも、失われるものはないのだから。


「別れ」からの一説


 まるい球の上に
職人は傍らに手本があれば
ヨーロッパを、アフリカを、アジアをえがいて
無だったものをたちまち全体とする
 あなたをうつし出す
 わたしの涙は一つ一つが
あなたをうつすと地球儀になり、世界になり、
あなたの涙はわたしの涙とまじって世界に溢れ、
ついにあなたの流す水でわたしの天国はくずれてしまう。


「The Relique」

骸骨にまつわる金髪の腕輪


最後にエリオットの詩の一篇を紹介します。戦後の同人誌「荒地」(鮎川信夫など)がインスパイアされたと言われています。

Ⅰ.「埋葬」

四月は残酷極まる月だ
リラの花を死んだ土から生み出し
追憶に欲情をかきまぜたり
春の雨で鈍重な草根をふるい起すのだ。
冬は人を温かくかくまってくれた。
地面を雪で忘却の中に被い
ひからびた球根で短い生命を養い。
シュタルンベルガ・ゼー湖の向うから
夏が夕立をつれて急に襲って来た。
僕たちは廻廊で雨宿りをして
日が出てから公園に行ってコーヒーを
飲んで一時間ほど話した。
「あたしはロシア人ではありません
リトゥアニア出の立派なドイツ人です」
子供の時、いとこになる大公の家に
滞在(とま)っていた頃大公はあたしを橇(そり)に
のせて遊びに出かけたが怖かった。
マリーア、マリーア、しっかりつかまって
と彼は言った。そして滑っておりた。
あの山の中にいるとのんびりした気分になれます、
夜は大がい本を読み冬になると南へ行きます


(西脇順三郎 訳)


話が終わってから詩の合評会をします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

sendasosuke

Author:sendasosuke
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。