スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メランジュの合評会

20090527.jpg

三宮にあるスペイン料理店「カルメン」でメランジュの合評会・読書会がありました。
本来ならば、寺岡良信氏の詩集「焚刑」の出版記念会が粛々と準備されていたのですが、マスコミなどで知られているように新型インフルが神戸の町で流行していて、急きょ延期になったのです。
読書会では、立川昭二「病と人間の文化史」を寺岡さんからお話があり、「人は病むとき、その人の本質をもっともはっきりと表す。人間社会もまた、疫病や飢餓におそさわれたとき、その社会特有の構造をもっとも鮮やかに露呈する。・・・」
この時期、もっともうなづける、もっとも重いお話でした。
その後、出席者の詩作品の合評会でした。
さすがに参加者は少なくさびしいものでした。
奥の席から中堂けいこ、西本めぐみ、大橋愛由等、手前の席は滝悦子、寺岡良信、映っていませんが谷和幸。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sendasosuke

Author:sendasosuke
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。